« 猫 | トップページ | 手巻き寿司 »

2012年6月 5日 (火)

気持ち

こんにちは★
背番号No.23のみっちーです!

みなさんいつも熱い応援ありがとうございます。

8月の下旬に「前十字靱帯損傷」という大きな怪我をしてしまいましたが、
たくさんの方々に支えられ、なんとか3月に復帰しました。

昨年の8月、チャリティーマッチになでしこ選抜として出場した次の日、練習で怪我をしました。
今思えば、なんかボーッとしていて、集中できてなかったのかな。。

私は昔からあまり怪我をしたことがなかったから、正直怪我の瞬間、なにが起きたのかわからなかった。
膝が捻られ、「あれ?」と思ったけど、よくわからず、練習を続けてて・・・
でもターンすると、膝が崩れて倒れてしまう。
大丈夫!って言い聞かせて何度も練習に入るんだけど、倒れちゃって。
あの感覚は今でも忘れられません・・・
過去に膝の靱帯を切った選手は、切った瞬間に泣き叫んでたイメージがあったから、まさか切れてないと思っていた。

結果は、「前十字靱帯断裂」
全治6~8ヶ月

ショックで涙が止まりませんでした。

しかし、過去につらい、苦しい思いはたくさんして来たし、気持ちはすぐ切り替わりました。

強がりとかではなく、「6ヶ月間修行ができる」と、本当に前向きに捉えてる自分がいた。
サッカーが出来ないことは本当に悔しいし、つらいけど、たぶん今の私に必要な時間で、
足りないことを見直すチャンスなんだ。と思いました。

リハビリは地味なことばかりで、私の性格上、正直もどかしかった。
「もっとやらなきゃ」って焦ったりもした。
やってもやっても「もっとやれることあるんじゃないか。時間を無駄にしているんじゃないか」と自問自答の日々。

そんなこんなで、6ヶ月。
今思えばあっという間でした。

リハビリはつらい!とよく聞くけど、つらいというか苦しむのは、リハビリ中ではなく「復帰した後」だということを実感した。

リハビリ中は無我夢中でいつか出来るようになるサッカーを楽しみに、地味なトレーニングをコツコツやっていた。
しかし復帰すると、過去に出来てたことができなかったり、前にはなかった恐さがあったり、
自分が怪我したんだってことをここで初めて気づかされた気がした。
そりゃー復帰して、いきなり前と同じように出来るとは思ってないけど・・・わかっていたつもりだけど・・・

ここからが本当の試練だな。と思い、ポジティブな私はまた「やってやる!」と燃えています☆


自分の「ストロングポイント」を知ること。
サッカーだけじゃなく、どんな状況でも「自分を知ること」は大切だと思う。


私は過去に途中交代やメンバー外は経験しているけど、途中出場はあまり経験したことがない。
最近その「途中出場」を経験しました。

いろいろな状況で自分に求めることは違ってくる。
練習と試合、試合でもスタメンとサブ、メンバー外、それぞれ自分に求めることが違ってくる。

今「途中出場」という状況で、試合前私が特に意識していることがある。

「私に求められていること」
そして「チームのために今の私ができること」はなんなのか。

まずこの2つのことを意識し、明確にすることで、少なくとも「不安」や「迷い」はなくなり、強い気持ちで試合に臨める気がします。

決して「途中出場」に満足をしているわけではないし、今の自分に満足しているわけでもない。
もっともっと自分に期待し、求め、追及していかなくてはならない。
練習で苦しみ、練習で自信をつけ、試合で出す。
まだまだ全然出来てないし、やらなきゃいけないことはたくさんある。


過去にもいろんな経験をしてきましたが、成功も失敗もすべて「経験」です。
「経験」が「自信」となり、「結果」になると思っています。
これからも何事にも恐れず、立ち向かっていきたいと思います!

みなさんこれからもジェフレディースの応援よろしくお願いします!!


120605lb01.jpg
手塚選手(りんご)の携帯のアプリでこんな素敵な写真を作成してくれました。
寝起き写真。誰が一番かわいいですか?笑

120605lb02.jpg
みっちーの癒し「甥っ子(4歳)と姪っ子(2歳)」かわいい!

|

« 猫 | トップページ | 手巻き寿司 »

清水由香」カテゴリの記事